ハシリヌク│東京の役員運転手になれる転職ナビ » 役員運転手の仕事とは? » 役員運転手の仕事はきつい?

役員運転手の仕事はきつい?

役員運転手はこんなところがきつい

運転技術や知識の専門性

役員運転手という職業柄、事故や渋滞の際の迅速なルート決定スキルや、カーナビに頼らない裏道などの地理知識はプロとしてあって当然とされています。

特にスケジュールがタイトな場合や繁忙期で一日に何件もお得意様周りをする時などは、そのスキルが必ずといっていいほど要求されます。また役員が車内で快適に過ごせるような、安全運転技術やスムーズな発進と停車なども当たり前のスキルとなります。

要求されるホスピタリティの高さ

役員運転手の主な仕事は運転ですが、実は運転技術以上に求められるのが細かな気遣いのできるホスピタリティやコミュニケーションスキルです。

企業の顔である役員と共に取引先の企業を回るので、運転手にも同等のビジネスマナーや礼節が要求されます。車内で役員と一対一になることも多く、会話をする機会もあります。そのような場合に会話についていけるだけの知識や経験が必要となります。

また守秘義務の遵守も当然で、機密情報に触れる機会の多い役員運転手には必須のスキルとなるでしょう。

長くて不規則な勤務時間

配属先の企業によって勤務時間は大きく異ります。定時出社で日中の送迎のみの企業もあれば、朝晩の送迎や夜の会食、休日のゴルフなど長時間勤務になることも。役員あっての役員運転手ですから、常に役員の予定で勤務することになります。

しかし、勤務時間中にずっと運転をしていることはなく、実際は待機時間もありますので、仮眠を取ったりも可能です。また役員出張の際は自宅待機になることも。ですから拘束時間の割には、実働はそこまで長くはないでしょう。

役員運転手を目指してみよう

役員運転手に求められるレベルはほかの運転手と比較すると、とてつもなく高いように思われます。実際にある程度の人生経験も必要とされるもので、ただ運転が好きで上手というだけでは務まらない厳しさがあります。

しかし、専門知識は研修で学ぶことができるスキルですし、社会人経験があればビジネスマナーなどはそう難しくはないでしょう。役員運転手はほかの運転業と比較しても収入や時間が安定していますので、技術やスキルを活かしてプロドライバーの中のプロを目指してみるのもいいかもしれません。

Recommended
理想を目指して働ける役員運転手サービス3選
給与重視能力を収⼊UPにつなげて
稼ぎたい⼈向け
トランスアクト
トランスアクトのキャプチャ画像

引用元:トランスアクト公式サイト
(https://driveforyou.jp/)

会社の特徴
給与金額60万円以上可※
業務委託形態だから給与交渉がしやすい
乗客との高精度マッチングが信頼感&高収入につながる
洗練された教育制度で
スキルアップを志す⼈向け
オートシステム
オートシステムのキャプチャ画像

引用元:オートシステム公式サイト
(https://www.autosystem.co.jp/)

会社の特徴
合計8つの研修教育制度を用意
新規配属後3ヶ月間は個別にフォローアップ
提携運転教習所での独自カリキュラムによる実地研修
充実した福利厚⽣で無理なく
働き続けたい⼈向け
セーフティ
セーフティのキャプチャ画像

引用元:セーフティ公式サイト
(https://www.safety-ssm.co.jp/)

会社の特徴
社会保険完備はもちろん、走行距離や夜間勤務の手当も充実
会員制ホテルの利用権、家族手当など休日に嬉しい厚生も
社用iPhone貸与あり

※2021年12月5日時点、Google検索「役員運転手 東京」で表示される東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。
求人情報に週休二日制・給与額を明記している企業のなかで、「求人票の提示給与金額が最高」「社員研修の種類が最多」「福利厚生項目が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※情報元となる求人票は2021年12月5日時点、公式HPに掲載のものです。