ハシリヌク│東京の役員運転手になれる転職ナビ » 役員運転手の仕事とは? » 役員運転手の年収はどのくらい?

役員運転手の年収はどのくらい?

役員運転手の平均年収

役員運転手の年収は一般的には300~450万円程度と言われていますが、雇用形態や勤務時間によっても差が出ますので、広く考えると250万円~600万円、平均して400万円前後となるでしょう。

雇用される企業や配属先の企業によっても年収は変わりますし、賞与があるかないかでその差はさらに大きくなるでしょう。

役員運転手の収入は契約内容次第

正社員、契約社員、業務委託、パートなど雇用形態により契約内容が異なりますので、これによって役員運転手の年収は大きく変わってきます。役員運転手の仕事の特性上、時間外や残業、休日の送迎があるケースも少なくないので、契約内容に時間外や深夜などの各種手当が付くかも大きく影響します。

また配属先の企業が一部上場の有名企業である場合や、自動車管理会社やタクシー会社ではなくハイヤー専属運転手を雇用している会社である場合などでも、相場より高めの収入が期待できるでしょう。

年収を上げるには

雇用形態によって、年収を上げる方法も異なります。役員運転手請負や派遣を行っている会社に所属している場合は所属先との交渉になりますが、役員運転手として高い技術や実績・スキルを持つことはもちろん、給与支払条件が良く質の高い運転手を希望する取引先に配属されることも必要です。

そのためには運転技術や地理知識、守秘義務の徹底やマナーなど、自身の経験やスキルを上げて信頼を得られるようになることが大切です。

直接雇用されている役員運転手は、雇用先企業に評価されて昇給を認めてもらう方法が一般的ですが、地道な努力となるでしょう。

スキルを正しく評価してくれる会社を選ぼう

運転手という仕事は種類も多様で、配送業もあればお客様を乗せるタクシー、ハイヤー、役員車などもありますが、高い運転技術とハイクラスな接客サービスができるスキルがあれば、年収の良い役員運転手になることができます。その中でもさらに高い収入を得るためには、自分が持つスキルを正当に評価してくれる会社に所属することが重要です。

運転手の適性を見極めて相性の良い企業とのマッチングをしてくれる会社であれば、自分のスキルを存分に発揮でき、評価もおのずと上がります。

Recommended
理想を目指して働ける役員運転手サービス3選
給与重視能力を収⼊UPにつなげて
稼ぎたい⼈向け
トランスアクト
トランスアクトのキャプチャ画像

引用元:トランスアクト公式サイト
(https://driveforyou.jp/)

会社の特徴
給与金額60万円以上可※
業務委託形態だから給与交渉がしやすい
乗客との高精度マッチングが信頼感&高収入につながる
洗練された教育制度で
スキルアップを志す⼈向け
オートシステム
オートシステムのキャプチャ画像

引用元:オートシステム公式サイト
(https://www.autosystem.co.jp/)

会社の特徴
合計8つの研修教育制度を用意
新規配属後3ヶ月間は個別にフォローアップ
提携運転教習所での独自カリキュラムによる実地研修
充実した福利厚⽣で無理なく
働き続けたい⼈向け
セーフティ
セーフティのキャプチャ画像

引用元:セーフティ公式サイト
(https://www.safety-ssm.co.jp/)

会社の特徴
社会保険完備はもちろん、走行距離や夜間勤務の手当も充実
会員制ホテルの利用権、家族手当など休日に嬉しい厚生も
社用iPhone貸与あり

※2021年12月5日時点、Google検索「役員運転手 東京」で表示される東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。
求人情報に週休二日制・給与額を明記している企業のなかで、「求人票の提示給与金額が最高」「社員研修の種類が最多」「福利厚生項目が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※情報元となる求人票は2021年12月5日時点、公式HPに掲載のものです。