ハシリヌク│東京の役員運転手になれる転職ナビ » 役員運転手の仕事とは? » 役員運転手に必要な資格は?

役員運転手に必要な資格は?

役員運転手になるためには?

一般的なものは、インターネットの転職サイトや新聞広告、転職情報誌などの広告を探して自分で応募する方法です。

次に知人の紹介というものがあります。すでに役員運転手として仕事をしている知人などから募集の話を聞いて応募するもので、雇う企業も全くの他人より紹介による信用がある人を採用できるメリットがあります。こちらの対象は経験とスキルが豊富な運転手となります。

また、企業内部の異動で運転手になるということもあります。

本サイトでは、収入や教育制度などの条件に合わせて、お望みの働き方が目指せる会社をピックアップしています。役員運転手の採用をしている会社をお探しなら、こちらもぜひご覧ください。

東京で理想の
役員運転手を目指すなら
チェックすべき会社3選

二種免許は必要ない

役員の送迎をする場合は、通常役員運転手またはハイヤーとなります。前者は役員の企業の社用車を使用しますが、これは自家用の白ナンバーとなります。用途が業務用ではないので、第二種免許の必要性はありません。

一方で後者のハイヤーはタクシーと同様に緑ナンバーのため、第二種免許が必要となります。ちなみにハイヤー車両は、ハイヤー会社の所有となります。

活躍するための資格やスキル

役員車の多くが普通自動車であるため、最低限必要となる資格は普通自動車第一種運転免許です。これ以外に取得していないといけない資格というものはありませんが、多くのスキルや経験が必要となります。

例えば運転技術と経歴。時間厳守の移動が多い役員車は、事故や渋滞を回避できる地理知識や道路状況の把握スキルは必須です。また人生経験によって増える知識や教養も、役員とコミュニケーションを取ることから運転手に求められます。

そのほかに、語学力、大型車や左ハンドル車の運転経験もあるとプラスになります。

資格や技術を年収につなげることが大切

普通自動車第一種運転免許があれば誰でもすぐに役員運転手になれるわけではありません。免許がある上での安全運転技術や地理知識、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルが求められますし、ある程度の年齢も要求されます。

これらの経験やスキルを日頃から使い慣れておくことはもちろんですが、せっかく持っている資格や技術を評価してくれる会社に雇用されることも忘れてはいけません。宝の持ち腐れにならぬよう、しっかり年収に反映してくれる会社を探しましょう。

Recommended
理想を目指して働ける役員運転手サービス3選
給与重視能力を収⼊UPにつなげて
稼ぎたい⼈向け
トランスアクト
トランスアクトのキャプチャ画像

引用元:トランスアクト公式サイト
(https://driveforyou.jp/)

会社の特徴
給与金額60万円以上可※
業務委託形態だから給与交渉がしやすい
乗客との高精度マッチングが信頼感&高収入につながる
洗練された教育制度で
スキルアップを志す⼈向け
オートシステム
オートシステムのキャプチャ画像

引用元:オートシステム公式サイト
(https://www.autosystem.co.jp/)

会社の特徴
合計8つの研修教育制度を用意
新規配属後3ヶ月間は個別にフォローアップ
提携運転教習所での独自カリキュラムによる実地研修
充実した福利厚⽣で無理なく
働き続けたい⼈向け
セーフティ
セーフティのキャプチャ画像

引用元:セーフティ公式サイト
(https://www.safety-ssm.co.jp/)

会社の特徴
社会保険完備はもちろん、走行距離や夜間勤務の手当も充実
会員制ホテルの利用権、家族手当など休日に嬉しい厚生も
社用iPhone貸与あり

※2021年12月5日時点、Google検索「役員運転手 東京」で表示される東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。
求人情報に週休二日制・給与額を明記している企業のなかで、「求人票の提示給与金額が最高」「社員研修の種類が最多」「福利厚生項目が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※情報元となる求人票は2021年12月5日時点、公式HPに掲載のものです。