ハシリヌク│東京の役員運転手になれる転職ナビ » 【PR】見ておきたい!役員運転手サービスの面接の様子

【PR】見ておきたい!
役員運転手サービスの面接の様子

役員運転手として働きたい会社を考えるうえで、「どのような採用面接を行なっているのか」は、やはり気になるところですよね。

ここでは、従業員満足度83.7%※を誇る役員向け運転手派遣会社・「トランスアクト」の採用面接担当の方に直接お話を伺い、実際の採用面接(運転試験)の様子を見せていただきました。

※参考:トランスアクト公式HP(https://driveforyou.jp/

株式会社トランスアクトについて

従業員満足度の高さが、「いい仕事」を生む

トランスアクト代表
トランスアクト代表・橘 秀樹 氏
引用元:トランスアクト公式HP
https://driveforyou.jp/

トランスアクト代表・橘 秀樹 氏

高品質なサービスを提供するために、従業員満足度の高さは絶対条件です。
そのために、まず考えるのは報酬。給与がモチベーションの大きな源泉であることは間違いありませんので、弊社では本人のやる気次第で月収60万円を超える職場環境※を提供しています。
ただ、トランスアクトとしては、弊社を頼りにしてくださるクライアント、信頼してくださるお客様が多くいらっしゃることが、従業員満足につながっている部分もあります。
たとえ、現状のお仕事が予期せず終わってしまったとして、他にも自分のことを信頼してくれるお客様がいる、稼げる安心感があると自負しています。
弊社ドライバーの約7割を占める業務委託の方々からすれば、仕事の量、質が担保されることはまさに生命線です。
お客様からの信頼、コンスタントな業務を望める企業努力が、直接的な金額の高さよりも満足度に寄与しているのでは、と考えています。

※参考:トランスアクト公式HP(https://driveforyou.jp/

トランスアクトの公式HPで
求人情報を見てみる

実際の運転面接の具体的な流れ

さっそくですが、実際の面接の流れを教えてください。

トランスアクトの採用面接では、テストとレクチャーを同時に行っています。

  1. まず、応募者の面接を行います。事前に履歴書を頂き、書類選考を経てからの面接になりますが、極力お会いするようにしております。
  2. 次に、ドライブテスト前のレクチャー練習編です。実際に公道に出る前に、安全が確保できる弊社駐車場にて基本動作などを確認、指導します。
  3. レクチャーが終わると公道に出てドライブテストを行います。所作、安全運転、確認、地理、車両感覚、視線など、経験豊富な担当者が一挙手一投足に注視し、良い点、悪い点を徹底的に分析します。
  4. 帰ってきてからは、実際の現場を想定し、弊社社屋の車寄せにて実際にドアサービステストとレクチャーを行います。他の車がほとんど来ないので、納得行くまでしっかりとシミュレーションができます。
  5. すべてのテスト、レクチャーの工程が終わると、専用応接スペースで講評を行います。弊社所属のドライバーのクオリティを決定づける重要な局面です。
    本人の仕事に対する意思、覚悟の確認、そして採用の可否判断がなされ、その場で結果をお伝えします。
    経験や技量が足りなくても、仕事に対する想い、覚悟や責任感、そして将来性があると判断すれば採用となることもありますし、逆に技術があっても不採用となることもあります。

面接でのチェック事項について

「安全運転ができる人」のチェック基準は?

予想外の事態に対する冷静な行動

運転技術はドライブテストの中で見極めますが、一点加えるとすれば本人が予想しないことが起きた時にどう対処するかを、厳しくチェックしています。
普通の安全運転は、ほとんどの方ができます。しかし「A地点に行って欲しい」と伝えておきながら、突然「B地点に向かってくれ」と指示したときにはどう対処しますか?
予定していない事態に対して冷静な行動が取れるか、これを「プロの安全運転ができる人」の基準としていますし、実際に精度が高いと感じています。

「守秘義務を守れる人」のチェック基準は?

寡黙な人が好まれる

守秘義務に関してはドライバー本人を信じるしかありません。
なので、あくまで感覚的なものですが、どちらかというと寡黙な方、ともすると愛想がない方のほうが余計な話をしない傾向にあると感じています。
役員運転手の世界は、キャッチボールの返球はしても、こちらからボールを投げてはいけない、そんな世界なのです。
以前、あるプロアスリートの方からご依頼があった際、こんなことがありました。
当時は人材が少なく、自信をもってご紹介できるドライバーがなかなかおらず、運転の技量は一流でしたが、個人的にはちょっと無口で不愛想かなと感じるドライバーをご紹介しました。
しかし結果的に、お客様はその無口なドライバーを大変気に入って下さった。何を一番とするかは人それぞれなのです。

「役員のための仕事をしてくれる人」のチェック基準は?

あらゆる場面で気配りができる

役員のためだけでなく、他人と接する中でありとあらゆるところに気が付き、気が回り、アンテナが張られている、そういう方を採用しています。
「運転をすること」は、役員運転手の仕事のほんの一部にすぎません。クライアント企業の社長様、秘書様、直接はお乗りにならない社員様にいたるまで、常に気を配れる方が結果的に役員様のお役に立てるのです。
お乗りになる方だけにいい顔をするようなドライバーは、すぐにそのメッキが剥がれ、本性がわかってしまうものです。

「礼儀やマナーが身に付いている人」のチェック基準は?

匂い一つさえ気に掛ける

弊社に限らないとは思いますが、一点挙げるとすれば「匂い」です。
車内は密閉空間なので、わずかな匂いが気になります。タバコの残り香など、もっての他。最近では「柔軟剤の匂いがする」ことが理由で交代要請をいただいたこともあります。
完全な無臭は難しいと思いますが、とにかくお客様が不快に感じることを排除しようと、匂い一つまで気を配れる方は礼儀・マナーが必然的に身についていると感じます。

「運転手マナーが身に付いている人」のチェック基準は?

マニュアルを超えた思いやり

  • ドアの開け方や荷物の運び方
  • 大きい荷物があるときは先に車に積んでおく
  • 傘を開けるときに水しぶきが飛ばないようにする

こういった基本的な所作はあくまでも技術であり、教えれば誰でもできる範疇のものです。教えてもできない方はいますが、ひとまずは練習すれば誰でもできる。
問題はそのドライバーがお客様に対する本当のホスピタリティを持っているかどうか。誰かに言われたからやる、マニュアルに書いてあるからやる、そのレベルではこの仕事は到底できないため、やはりその方が持つホスピタリティを最重要視しています。

役員運転手として採用されやすい人とは?

Q.スキルや健康面などを鑑みたときに、
やはり年齢が制限されるのでしょうか?

全く気にしていません!と言うと嘘になりますが、年齢制限を設けたり、年齢によって採用の可否が決まることは絶対にありません。
若さによる経験不足や、加齢による身体的な衰えも考慮はしますが、あくまでもお乗りになるお客様のご要望に叶う人材を採用しています。
例えば高齢の院長先生からのご依頼で、運転はもちろん話相手にもなってくれるような自分の年齢と近い方、人生経験豊富なドライバーがいいというリクエストがありました。その際にコーディネートさせて頂いたドライバーは72歳の方でした。
しばらくして院長先生の奥様がお身体を悪くされたので、介護の世話までさせて頂いたという伝説のドライバーです。
お客様にとって余人をもって代えがたいドライバーとなり、ご引退されるまで大変ご愛顧頂きました。

Q.役員運転手のほとんどは男性だと思いますが、
採用において性別はどの程度気にされていますか?

実際問題として、お客様から女性ドライバーのご指名は皆無と言っていい状況ですし、女性ドライバーの応募もほぼありませんが、性別に関しても年齢と同じ考え方・採用基準です。
東京のお話でなく恐縮ですが、名古屋の現場では実は女性ドライバーが活躍しておりまして、とある企業オーナーご夫妻の運転手を任せて頂いております。
繰り返しになりますが、お乗りになるお客様のご要望に叶う人材であれば、問題なく採用させていただきます。

トランスアクトの考える「快適な車内空間」とは?

快適な車内空間に求められるのは、お客様が「まったく気を使わない」こと。
しかしこれは非常に奥が深く、密室である車内が「気を使わない」空間になるまでにはたくさんのコミュニケーション、信頼関係が必要。
長い時間を要しますし、きつく怒られることも多々あります。山あり谷ありを経て、最も重要なことは、長い時間をご一緒できるドライバーを人選し、お客様にご紹介できるか、この一点に尽きます。

これから役員運転手になろうとしている方に向けてメッセージ

孤独で長時間労働、緊張を強いられ、ファインプレーをしても拍手も喝采もない。これがこの仕事の現実です。しかし、この仕事こそが天職だ!という方もいます。
人生で様々な仕事に就き、懸命に頑張ってきたにも関わらず、残念ながらどの仕事でも実を結ばなかった方が、役員運転手という仕事で一気に開花したこともあります。
それまでの人生経験がすべて凝縮され、その方の実力、技術として花開いたのです。
ですから、「役員運転手こそが自分のやりたいことだったんだ」という方と巡り会えたときは、私自身、何物にも代えがたい仕事のやりがい、生きがい、また人様のお役に立てているという喜びを感じます。
お恥ずかしながら、かくいう私も散々挫折を味わい、転職もままならず追い詰められてこの仕事を起業しました。この仕事には夢があり、自分の人生経験の全てを発揮できるステージでもあるのです。
一人でも多く、素敵な出会いがあることを、これからも心から楽しみにしております。

トランスアクトの公式HPで
求人情報を見てみる

トランスアクトの会社概要

所在地 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407
電話番号 03-3433-8200
公式HPのURL https://transact.co.jp/